脱毛方法にはどのようなものがあるのか解説しています。|横浜脱毛人気ランキング

毛抜き

知らない人はいない、1本ずつ地道に抜いていく手法です。 手軽かつ安上がりですが、すねなど面積の広いエリアでは途方もない労力になります。また慣れない内は痛みを感じることもあるでしょうし、肌へのダメージも大きいものです。

気をつけたいのは埋毛症という抜いた後、次に生えてくる毛がうまく出て来ないで肌の中に埋まってしまう場合があります。またきれいな状態でやらないと雑菌が入るリスクがあり化膿などのリスクも伴いますので、仮にやる場合でもお風呂上りのきれいで毛穴が開いたときに行うのが望ましいです。1本1本毛を抜くため、大変な作業です。

カミソリ

カミソリは自己処理でのスタンダードな手法といえます。T字カミソリなどの進歩もありますが、未だ剃るときには肌へもダメージを与えている状態ですので肌の弱い人へはあまりおススメできませんし、出ている毛だけを剃っているのでマメな手入れ=継続的な肌へのダメージとなってしまいます。

脱毛テープ

広範囲をカバーできるのが魅力な脱毛テープですが製品ごとの効果が不透明なため自分にあったテープを見つけられるかが課題です。ある製品では「剛毛には効かない」などのレビューもあり、弱すぎれば本来の目的を果たせませんし、強すぎれば肌へのダメージが大きくなり赤くなってしまう可能性もあります。

脱毛ワックス

ワックスが毛に接着する性質を利用して取り除きます。シート状で一見テープと同じように貼るタイプやジェル・クリーム状のもので塗るタイプのものがあります。後者はよりベタベタするので処理後シャワー・お風呂などで拭き取る時間もかかります。

医療レーザー脱毛

黒色に反応するレーザーを使い、毛根(メラニン色素)を取り除いていきます。 アトピーの方にも利用が可能ですので極端に肌が弱い人は 無料でカウンセリングを行っているところもありますので相談してみると良いでしょう。 ただし日焼けした状態では注意が必要となりますが 医療機関のみが行える処置のため安全性はトップといえ、 料金面でも近年リーズナブル化が進み、一般の方でも手の届くプライスラインになってきたため 脱毛施設を利用する際のスタンダードな方法として確立されつつあります。

光脱毛

レーザーが医療機関に対し光脱毛はエステが行う処理方法で光の熱を使って毛根・毛包を焼いていきます。IPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛などの名称も使われています。レーザー脱毛より痛みが少ない、料金が安いなどとも言われますが出力が弱く、行う回数が増えることで結果として高くなるとも言われていますし、安全面でも実際に火傷を起こした報告などが消費者センターなどへ入っています。

針脱毛

別名、電気脱毛・ニードル脱毛などとも呼ばれています。 毛穴の1本1本に針を差し込み処理をしていくため効果の高さには定評がありますが 時間がかかる上、痛みが強いともいわれているため 男性のひげなど限られた部分での適応に向いているといえそうです。